伊藤潤一の「口臭消滅プログラム」

伊藤潤一氏が監修した「口臭消滅プログラム」は口臭に悩む方の悩み解消に貢献しているみたいですね。

口臭の悩みは持っている人にしか判らない苦痛があります。

口臭は対人対面の際に消極的になる最大の原因とも言われ、人に笑いかけても、いやな顔をされ横を向かれる。一度でも実体験したら、もうトラウマです。

これが解消されたら人生はどんなに明るく、希望に満ちて見えることか?

口臭の為に人前に出るのが嫌になり、友達を作らず、ひとり殻に閉じこもり、誰にも相談できない・・・

この悩みを解消する近道が伊藤潤一さんの口臭消滅プログラムと評価されています。


伊藤氏も口臭で悩み苦しんだからこそ真剣に口臭を解消するプログラムを作れたのかもしれませんね。

安心して実践できるよう

返金保証を付けてくれているので、ダメでも返金してもらえばいいかと精神的に気楽に取り組めると思いますよ。

希望をもって取り組んでみては如何ですか?

公式ホームページを紹介しておきます。

チェックしてみて下さい。

口臭チェッカーって本当に信用できる?

口臭が気になる場合、どのくらい臭いが強いのか知りたくなるものです。もし、自分の口のにおいがどのくらい臭いのか気になるためあれば、口のにおいチェッカーを使用してみてはいかがでしょうか?

口臭チェッカーとは、口臭を計測する機械のことで、これを使用することによっては口のにおいのレベルを把握することができます。あなたの口のにおいを確認するのは難しいことですので、このグッズを使用している人も少なくありません。ただ、ここで気になるのが、本当に信用できるのかということです。


市販されている口臭チェッカーは、安ければ3000円くらいで購入可能でしょう。そういった口臭チェッカーでも正確に計測できるのか、不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)に感じることもあるかもしれません。そんなに高いものでなくても、ある程度は信用出来るので、口の臭いが気になっているのなら使ってみることをお勧めします。

とはいえ、口臭チェッカーの数値が絶対に正しいと断言出来ないのも事実です。

あくまでも揮発性硫化物といった口のにおいの原因になる物質の臭いを測っていらっしゃいますから、これ以外の物質の臭い成分は計測できません。そのため、口臭が酷くても揮発性硫化物の量が少なければレベルが低く表示されます。でも、このことを理解して使用すれば、便利なアイテム(ファッションについて話す時に出てくることが多いワードではないでしょうか)みたいです。

デンタルフロス(糸ようじ)で口臭予防

デンタルフロス(糸ようじ)を知っている人は一杯いても、毎日使用しているという人は意外に少ないようです。欧米では毎日の歯磨きの後にデンタルフロスを行うことが習慣となっているそうです。

デンタルフロスには大きく分けて2種類のタイプに分けられます。糸を手に巻きつけて使用するタイプのものと、ホルダータイプのものです。

手に巻きつけるタイプのものは糸を適度な長さに切り、左右の人差し指に巻きつけて約4〜5センチの長さになるようにします。磨きたい歯間部分にゆっくりと糸を入れ、左右に動かすようにして汚れを落としていきます。

ホルダータイプのものも使いかたは一緒ですが、巻きつける手間がないのでとても簡単ですが、その分手巻きタイプよりちょっぴり割高になります。また、手巻きタイプには糸にワックスが付いたものとそうでないものがあります。

ワックスのついているものは滑りやすいのではじめて使う方や、お子様におススメといえます。